ブランド品が安く買える??並行輸入品について。

こんにちは!!

ミーハーチャンネルです!!

 

みなさんは好きなブランドはありますか??

FENDI(フェンディ)やGUCCI(グッチ)、

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)CHANEL(シャネル)

などと言った、富裕層向け作られたハイブランド

好きな方もいらっしゃると思います。

 

これらの商品などは、伝統や品質にこだわって

作られているため、手を出そうと思っても

値段が高く、中々躊躇しますよね??

 

そこで今回は、いわゆる路面店と言われる

直営店や専門店よりも

安く仕入れる方法を記事にしていきます。

f:id:nissyfu-fu:20190612190345p:plain

 

 

 

1.安く仕入れる・並行輸入品とは?

同じ商品でも、専門店よりネットで買ったほうが安い!!

そう感じたことはありませんか??

ここには

・国内正規品

並行輸入

の違いがあるからです。

 

✔️並行輸入品の方が安く仕入れることができます

 

しかし、国内正規品と並行輸入品を聞き比べると

圧倒的に国内正規品の方が安心できますよね!

 

そんな並行輸入品に対してあまり良いイメージを

持たれてない方のために違いを説明します。

 

 

2.国内正規品と並行輸入品の違い

✔️国内正規品とは?

「メーカー」から商品を輸入して、

メーカー直営店などで販売している

商品のことを言います。

 

✔️並行輸入品とは?

「海外の正規代理店・正規販売店」から

メーカーに関係ない第三者が直接仕入れた商品

のことを指し、仕入れた商品を国内の業者に販売して

売店などで販売することをいいます。

 

つまりは、、、

偽物や中古品などとは違い、

良い物を安く仕入れることが可能なんです!!

 

大手販売メーカーAmazonではこう記されてあります。

並行輸入品とは、メーカーが認める正規輸入代理店以外を通じて国内に輸入された商品です。Amazon.co.jp が販売する並行輸入品はすべて本物で、契約した輸入業者により輸入されます。

 

正規輸入代理店を通さず仕入れられるため、正規代理店取扱商品に比べて価格が安い場合や、 国内未発売の商品を購入できる可能性がありますが、以下のような制限が発生する場合があります。これらについて、Amazon.co.jp ではサポートを受け付けておりません。

また、Amazonマーケットプレイスの出品者が販売、発送する並行輸入品には、出品者が個別に定める条件が適用されます。

 

  • 一部の商品を除き、正規輸入代理店またはメーカーの保証や修理をお受けすることはできません。
  • Amazonマーケットプレイスの出品者が販売、発送する商品の場合、独自の保証が付いている場合がありますので、購入前にご確認ください。
  • 製品のパッケージや説明書等が日本語の表記でない場合があります。
  • 製品の仕様が正規代理店取扱商品と異なり、日本国内での使用に制限がある場合があります。
  • 並行輸入品は仕入れルートの違いにより商品箱、装飾等に誤差が発生する可能性があります。
  • 商品の性質や仕入れ、流通経路については販売元にお問い合わせください。

 良い物を安く仕入れられるなら

ぜひ購入したいですよね??

ここで並行輸入品の

メリット・デメリットを紹介します。

f:id:nissyfu-fu:20190612190504j:plain

 

3.並行輸入品のメリット

✔️価格の安さ

正規品はブランドイメージを損なわないように、また値崩れ防止のために販売価格は固定されています。そして、値下げセールなどはほとんど行われることはありません。

しかし、並行輸入品の場合はそういう縛りがないため、正規品に比べて安い値段でブランド品を販売することが可能です。ものによっては大幅な値下げもあるので、正規品に比べると手に入りやすいとです!!

 

✔️国内未入荷のものが手に入る

並行輸入品は海外から輸入されるため、日本では販売されていないものが手に入ることがあります。日本では手に入れないレアなものが手に入るかもしれません!

 

4.並行輸入品のデメリット

✔️アフターサービス

一般的には正規品も並行輸入品も同じように保証書がつき、アフターサービスも受けられますが、お店によっては正規品と同じようにアフターサービスを受けられない場合があります。

正規品よりも1年短い期間を設定する店があったり、店独自の長期保証サービスを提供している店もあり、店によって保証の付け方が異なります。

 

 

5.まとめ

 私も並行輸入品の商品を購入したことが

ありますが、問題なく使用できています。

とはいえ、専門店などでの購入に比べれば

ネット購入はリスクがあります。

 

購入するときは、お問い合わせで

疑問点を聞くなどして、不安要素を無くして

購入しましょう!!

 

ご購読ありがとうございました。