nissy

個人記録サイト

予算3万円代で完璧なプロポーズ。大成功した話。

人生における大きな節目として

誰もが意識するもの、そうそれはズバリ!結婚です!!

そして結婚までの過程として大事な大事なプロポーズがあります。

プロポーズをどこまで重要視するかは個人差はあると思いますが

一生に一度のことなので、

思い出に残るものにしたい!!後世にも残せるものにしたい!!など

気合いの入っている男性も少なくないはず。

 

でもいざ行動に移そうとするも、

「いい案が浮かばない」や「そんな時間も費用もない」など

壁にぶち当たる人も多いはず。

そこでプロポーズを経験して大成功した私が

’’なるべく低予算で、短い準備期間で

思い出になるプロポーズ’’を紹介したいと思います。

 

 

 〜準備編〜お店のプロポーズプランに予約する

式場やレストランに多いのですが、お店がプロポーズをサポートしてくれるプランというものが存在します。まずはこのプランに申し込みをしましょう。ほぼこのお店選びでプロポーズの骨組みは完成します。

おい!ラクしすぎだろ!と思う方もいるかもしれませんが、骨組みはこういうものを頼った方が楽チンで、質も1ランク上がるので超おすすめです!しかも思ってたより安い!自分で希望にあったお店を探す作業になりますが決めてしまえばかなり前進します。重要なポイントなので慎重に。

予算は店によって様々ですがここでは私が利用したプラン内容をご紹介します。

 

【予算】

¥20,000

 

【プランの内容】

【コース内容】*2名様分

【乾杯酒】

※オプションとしてバラの本数を増やしたり、料理の内容を変更したりで予算アップの可能性はありますが、内容が充実しすぎて実際の増減はほとんどありません。

 

チャペルでプロポーズがこの値段でできるなんて!と当時はかなり喜びました。しかもお店の店員がプロポーズを手厚くサポートしてくれます。

 

どこでプロポーズするかなどのシチュエーションが決まったのであとは自分のやりたいことを付け足していくだけです。

 

〜準備編〜手紙を書く

せっかくの機会なので小っ恥ずかしいですが手紙を渡すことにしました。

女性が、男性からもらって嬉しいものランキングで常に上位をいっていることからも、手紙をもらって嬉しくない女性はいないはず。この機会に日頃言えなかったことなどを手紙にしてみてはいかがでしょうか?

 

ディズニーのラプンツェルが大好きだったので便箋を調達しました。

参考までに。

 

〜準備編〜プロポーズリングを準備する

婚約指輪をプロポーズと同時に”パカッ”

男らしいこんなシーンに憧れるのは女性だけでなく男性も憧れです。

 

そこで大事なのがプロポーズリングです。

ん?プロポーズリングって婚約指輪ではないの?そう、プロポーズリングとはプロポーズをする時専用のリングで婚約指輪とは別物です。最近では指輪に対する考えも変わってきており、婚約指輪を渡さずプロポーズリングが婚約指輪の代わりに!!なんて人も増えているそう。

 

プロポーズリングのメリットとして、、、

・婚約指輪に比べれば安価なものが多い

(私が渡したものはサマンサブランドで1万円ぐらい)

・指のサイズがわからなくても対応できる作りになっている

・指輪をパカっと開いたときの衝撃は婚約指輪にも見劣りしない

 

デメリットとしては、、、

婚約指輪が欲しかったという女性はいるかも、、

 

それぐらいでしょうか。

実際に私は婚約指輪の準備がプロポーズ当日に間に合いそうになかったため、プロポーズリングの存在を知ってバタバタ頼みました。そのあとに婚約指輪をあげたので、そんなパターンもありやり方は人それぞれで良さそうです。

 

私のやり方はプロポーズリング、婚約指輪、結婚指輪を渡しているのではっきり言ってお金の無駄でオススメはできません。(これバレたら怒られます。笑)

それであれば婚約指輪がいらなかったと感じておりますし、プロポーズリングは経済的にも優しいのでそこでプロポーズ諦めちゃうぐらいなら絶対にプロポーズリングをオススメします。

 

〜準備編〜ふたりの思い出ムービーを制作する

約5分のムービーをスライドショーのかたちで制作しました。

作る予定は最初はなかったのですが、プロポーズを思い描いているうちにどんどんと欲が出てきて作っちゃいました。

 

私はパソコンで作りましたが、今の時代スマホひとつあれば簡単にムービーは作れます。初心者の私も無料のものでサクッとできました(所要時間8時間ぐらい)今までの写真が多い人はその写真選びに意外と時間がかかるので 隙間時間に写真選びなどしておくともっと短時間で作成できます。

 

〜準備編〜カメラの準備

プロポーズの大事な時間というのは2度と戻ってくることはありません。そんな時間を記録に残したいという人にオススメするのが当日の様子を動画に残すということです。それなりに面倒な部分はありますがそれ以上に撮っててよかったと私は思っています。これもお店のプロポーズプランに予約すれば手伝ってもらえると思います。それに加えて無人の隠しカメラもチャペルに仕掛けました。もちろん高価なカメラはないためiPhoneダイソーで買った固定台を設置しての撮影です。それだけでも十分です。

 

何か自分のプランに合ったやり方を考えてみるといいかもしれません。

 

〜実践編〜サプライズプロポーズ当日の流れ

できれば最後までプロポーズをすることを悟られないようにしたかったので、ディナーに行くときも誕生日の前祝いとちょっと無理な嘘をつきましたがなんとか大丈夫でした。(相手の誕生日1週間前でした)

 

ディナーのメインディッシュを食べ終えたぐらいに私がトイレに行くふりをして、上の階にあるチャペルへとダッシュしカメラの準備やお店が用意してくれたバラの準備などに取り掛かりました。その間、事前に用意しておいた手紙を店員さんから彼女へ渡してもらいました。ここで時間を稼げたので準備も間に合いました。

 

手紙を読んだ時点で彼女はプロポーズに気づいたそうです。ただチャペルでプロポーズされるとは思ってもいません。

手紙を読み終えた彼女を店員さんにがチャペルへと誘導してくれます。チャペルで私はソワソワしながら約5分ほど待ち、いよいよその時がやってきました。ドアが開くと彼女の顔がうるうるしており私も最初から感極まって泣きそうでした。チャペルの真ん中へと彼女は歩みを進め、私の前に来るとそこで思いを伝えました。”結婚してください”の決めゼリフと同時にひざまづいで指輪をパカッ。。。

今でも忘れないぐらいその時の瞬間は脳裏に焼き付いています。

 

お店のプランでもらったバラも渡し本当に幸せな空間となりました。

 

それらを終えるとディナー会場へと戻り、最後にデザート食べました。余韻に浸る中最後のプレゼントとして事前に準備したムービーをパソコンで見てもらい、大事な1日の良い締めくくりとなりました。

 

〜まとめ〜

全て準備したものは無駄じゃなかったし、最高の思い出になりました。当日撮ったプロポーズの様子は後日無料アプリで編集してDVDにしました。

 

終わってみて考えると、その当時はとにかく頭を使ったし、シュミレーションも何度もして大変なことは多かったのですが、全てはその日喜んでもらう為と思ってできたことです。

 

人それぞれ価値観はありますが、プロポーズという大事な日の参考になれば幸いです。